Original Teeth Story


by teethtif

Page-78~Kaori's New Teeth

とある日の朝、会社が休みの香織は、
のんびりと歯を磨いていたのである。
そして、口をすすいで前歯を見ていると、
無機質で何となく平面的な感じがするのは
現在治療中の仮歯である。

真っ白い歯ではあるものの、形や質感は、
いかにも間に合わせという感じだわ。
以前、メタルボンドの差し歯を入れていた香織は、
ちゃんとした人工歯が入れば、キレイになることは、
よく分かっているのである。
しかし、今回受けた治療で香織は、差し歯を入れて
治療してあった歯が、こんなにも虫歯になりやすいなんて、

以前の治療で前歯は大きく削られていたものの、
神経はそのまま残し、セラミックと金属で作られている
人工歯をすっぽりと被せてしまうことで、弱くなった歯を
保護できると思っていたのであった。
しかし、香織が気がつかない間に、虫歯の細菌は、
人工歯の内側へ入り込み、大きく削られている香織の
天然歯を直撃していたのであった。
弱くなっている天然歯は、とても虫歯になりやすいわ。
抵抗力もなく、あっという間に虫歯は広がり、残してあった
神経さえも、虫歯に侵され激痛に悩まされたのである。

今回の治療で上顎前歯の神経は全部抜かれたわ。
当然、痛みは無くなっていたものの、更に大きく削られ、
金属の土台が入れられている香織の前歯は、今まで以上に
弱くなり、まるで松葉つえを使って歩いているようなものかも?
ふとそんな感じに思えていたのである。

以前の治療でも将来的には、差し歯をやり直すことは
いつかは来るのかしら?そう覚悟はしていたものの、
その時期がこんなに早いなんて・・・ 香織は思ってもいなかった。
支度を整え外出した香織が、歯科医院のドアを開けると
いよいよ今日、新しい歯が入るのね、そう思いながら待合室に
入っていったのである。

そして暫く待たされると、香織が呼ばれ診療室へ入ってゆく。
エプロンをかけられていると、女性の衛生士は、石膏模型に
付けられている新しい香織の前歯をテーブルへ置いていたのであった。
先生はカルテを見ると、香織の仮歯を取り外していたのであった。
器具を使い、丁寧に仮歯を取り外してゆくと、しっかりと入れられている
メタルコアーが光っている状態である。
香織の前歯の土台の部分を、きれいに磨き上げてゆく。
以前は、土台だけの状態では、歯を磨いていても、歯が
しみるような感触があったわ。
しかし、神経を抜いている香織の前歯は、そんな感覚もなく、
何もしみるようなことは無かったのである。

先生は石膏模型から新しい人工歯を取り外すと、
キレイに磨いていた。そして磨き上げられた人工歯を
香織に見せながら説明を始める。
今回の差し歯は、6本の歯が連結された状態である。
表からは真っ白い歯に見えるものの、裏側はかなりの
部分が金属で補強がされ、意外と金属部分の多い事が
香織にも分かっていたのである。

先生は、香織の口元へ人工歯を入れると、金属の土台に
あわせて試着を行ってゆく。
カチャっと合わせるとそのまま、ギュっと差し込むように
装着してから、噛みあわせのチェックを始めていたのである。
噛みあわせは問題ない状態であった、後は慣れだな。
先生はふとそう感じると、一度人工歯を取り外し
再びしっかりと固定していたのである。

その後、しばらく噛み締めていてください。
そう説明され香織は、入れたばかりの新しい人工歯の
感触を感じながらそのまま数分間、噛み締めていた。
数分後、衛生士の女性は、香織の口元を確認すると
キレイに人工歯を磨きあげていたのである。
入れたばかりの差し歯はキレイだわ。
衛生士の女性もそう感じる連結差し歯は、
表面は見た目にも比較的自然に見えていたのである。
しかし、裏側はギラギラと金属で補強された部分が目立つわ。
これは仕方が無いわ。

そして、香織に鏡を手渡すと、香織は入れたばかりの
前歯を眺めていたのである。 結構違和感のある歯に感じていたものの、
見た目はこんなに自然なの?
逆に少し驚いたような感じの香織である。
今まで仮歯を使っていたからかしら?
何となく、噛みあわせも少し変な感じがするんだけど・・・
そう思っていると先生からも、そういうものであることを
説明されていたのであった。

暫くすればきっと慣れるわ。
そして、すでに差し歯にしてしまった私の前歯は
一生 人工歯を使わないと噛む事すら出来ない状態なのね。
大きな治療という代償があったものの、痛みの全く無い
美しい歯を手に入れたことになるのかしら?
でも先生は、今度は虫歯になっても痛みはありませんから
気をつけてください。そう言われていたわ
そして、痛みが無くてもドンドン虫歯は進行し、
もし気がつくのが遅くなれば、抜歯になってしまうことすらある。
そんな事を言われていたのであった。

そんな香織は、治療を終えると歯科医院を後にしていたのであった。
[PR]
# by teethtif | 2008-09-02 23:35

Page-77~Kaori's The Core

夏休みも終わり、ようやく仕事のある生活に戻っていた香織は、
相変わらず都心のオフィスで同僚と共に仕事をしていた。
歯の治療中の香織は、大きな違和感を感じている。
そしてまた、歯を見せて笑えない。 仮歯ってそれほど
美しく見える歯ではないわ。 ちゃんとした人工歯が入れば、
キレイになるのは分かっている。でもそれまでの治療中の
歯がどうしても気になるのよね。

ランチタイムも食べる物に気を使っているわ。
何しろ香織の前歯は全部仮歯である。
食事中に外れちゃったりしたら・・・
香織はふとそんな事を考えていたのであった。
そしてまた、まわりの同僚も特に差し歯を入れている人は、
香織が仮歯であることを当然分かっていたのであった。
仮歯は、見た目と話したり食事をしたり出来る最低限の
処置であり、機能的にはあまり優れているものではないわ。
歯が無い状態では、どこにも行けない・・・
とりあえず入っているという感じである。

そんなとある日の夕刻、香織は再び歯科医院の待合室に
いたのである。
夏休みもそろそろ終わりだけど、まだ学生が多いのかしら?
何となくそんな気がしていた香織が待っていると、受付で
名前を呼ばれ診療室へ入ってゆく。

いつものように診療台へ座ると、ハンカチを片手に持ち、
待っていたのである。 この待っているわずかな時間って
なんだか緊張するわ。
先生がやってくる。カルテを見ていると、衛生士の女性が
石膏模型に付いている技工物をテーブルに置いていた。

それでは、仮歯を外します。
そう言うと、器具を使い、仮歯を取り外してゆく。
根の部分をキレイに磨き上げてから、石膏模型に
ついているメタルコアーを取り外すと、試着をしていたのである。
金属の心棒がギュっと根の部分に押し込まれてゆく。
一度取り外してからしっかりと固定されていたのであった。

しばらくしてから、先生はドリルを手にすると、いれたばかりの
メタルコアーと天然歯質の境目を少しずつ削り整形を
行っていたのである。
もちろん、神経が抜かれている歯に痛みは感じない。
先生は、左上だけでなく、中切歯そして右上の前歯の仮歯も
取り外す。
やだっ、今の私の前歯って・・・
香織にも想像はついていた。 前歯の仮歯をすべて
取り外されると、金属の土台だけになっているはずだわ。
ようするに、歯といえるような歯が無い状態であり、
金属の細い心棒だけが、見えているはずであった。
香織は、先生とはいえ、他の人に見られていることが
とても恥ずかしく思っていたのである。

その頃、診療台の後ろのほうでは、衛生士の女性が
印象材の用意をしている。
もう仮歯を外しちゃったわ。急がなくちゃ。
そう思いながらトレーへ印象材をのせると、先生に
手渡していたのである。
先生は、前歯に合わせて印象トレーをギュっと
押し付ける。その状態で、ギュっと噛んでいるように
香織へ言うと数分間印象トレーを入れたまま
待っていた香織である。

数分後、先生はエアーをかけながら、トレーを取り外してゆく。
先生は、印象材の部分にマーカーで印をつける。
その頃、衛生士の女性は、香織の口元へ器具を入れると
メタルコアーについてしまった印象材を取り、きれいに
磨いていたのであった。
大きい治療をしているわ。 根の大きさに対して
かなり大きなメタルコアーに見えるし・・・
人工歯が入っちゃうと分からないのよね。
でも、これだけ根の部分が削られてしまうと、
相当歯が弱くなっているはずだわ。
この女性も以前は神経を残した状態で、前歯を被せていた。
しかし、クラウンを被せるような治療をしている歯は、
やはり再び問題を起こすのよね。
多分気がつくのがかなり遅かったんじゃないかしら?
まだ治療は行えているものの、もう少し早く気がつくべきだったわ。
今回神経を抜いたことで、この歯の寿命もかなり短くなって
しまったはずだし。

もっとも、これ以上治療をしないまま、いられれば
まだまだ使えるはずではある。
ようするに、根に炎症を起こしたり、虫歯になったりしたら
大変なのであった。
衛生士をしている女性には、そんなことが手に取るように
分かっていたのである。

そして、キレイに磨き上げられたメタルコアーの上から
先生が仮歯を再び固定してゆく。
治療を終えた香織は、診療室を後にしていたのであった。
[PR]
# by teethtif | 2008-08-29 01:24

Page-76~Kaori's Left Care

香織は、ここ最近 前歯の治療が進むにつれ、
違和感のある仮歯が気になっていたのである。
中切歯だけでなく、右上の側切歯そして犬歯が仮歯になると、
前歯で残っているのは、左上の側切歯と犬歯だけだわ。
前歯で噛み切る事も出来ず、見た目も不自然な仮歯は、
やっぱり歯がなくなっちゃうより、歯がないとおかしいよね
って感じなんだわ。

ふとそんな事を感じていたのである。
食事の時も結構気を使うのよね。 金属の土台も
一部の歯は、入っていない状態だわ。
ようするに、残っている歯質はとても弱い状態にあることは
香織も、よく分かっていたのであった。
会社の同僚もキレイな差し歯を入れている子が
沢山いるわ。今の香織の仮歯は何とも情けない状態に
思えていたのである。

そんな香織は再び歯科医院にいたのである。
先ほど、受付で呼ばれた香織は、診療台へ座り待っている。
先生は、カルテを見ると、右上の仮歯を隙間を開けながら
そっと取り外してゆく。 香織の前歯は、残っている根だけの
状態になり、神経を抜いた部分は大きな穴が開いていたのであった。
先生は、キレイに磨いてゆくと、技工されているメタルコアを
石膏模型から取り外し、キレイにしていたのであった。
それは、先日から始まった右上前歯の土台である。

先生は、香織の口元へメタルコアを差し込むと試着を行う。
天然歯との継ぎ目をよく確かめると一旦取り外し、
接着剤をつけてから、ギュっと押し込むように、取り付けていたのである。
入れたばかりの金属の土台ばかりが目立つ前歯になった、
右上の前歯である。

そして、先生は左上の前歯の治療を始めますね。
そう説明すると、香織の口元へ麻酔の注射が打たれてゆく。
段々感覚が無くなり、麻酔が効いているのが分かるわ。
ふと、そんな事を考えていると、他の歯と同様に、ドリルを
口元へ入れると、削り始めていた。
亀裂を入れられた差し歯を取り外すと、細く削られている、
天然歯質が見えている状態である。
左上の前歯も他の歯と同様に、茶色く変色している部分がある。
やはり、すでに虫歯に侵されている状態であった。
先生は、虫歯に侵されている歯質をドリルで削り始めると、
神経のある部分の近くまで、削っていったのである。

香織は、そろそろだわ。 このそろそろというのは、もうひとつの
麻酔の注射の事である。
最初の歯茎へ打つ麻酔と違い、歯の中へ打つ麻酔は、
ものすごい激痛を感じるわ。 効き目もすごいみたいだけれど、
そんな事を思っていると先生が麻酔を打ちますね。
そう言いながら、麻酔を打っていたのである。
香織は、たまらない激痛を感じ、歯がズキンズキンと痛みを
感じていると少しずつ痛みが弱くなってくるのである。
多分麻酔の影響なんだわ。
そう思っていると、先生は細いピンのような器具を口元へ入れ、
麻酔の効いている根の部分から、神経を抜いていたのである。
2本の歯から神経が抜かれると、先生は、更に削り虫歯に
侵された歯質をすべて削り取っていたのである。

その後、残っている根の整形を行うと、根の奥に菌が残らないよう
しっかりとした根の処置を行っていたのである。
そして薬を詰めると、印象トレーを使い、印象をとっていたのであった。
香織は、これで私の前歯の神経はすべて無くなったわ。
残っている根も、今まで以上に少なくなり、遂に歯茎から
上の部分は殆どが削られ、ポッカリと大きな穴の開いた
根が残っているだけだわ。 これからこの歯にも、大きな
金属の土台がセットされ、他の歯と連結した差し歯が
入るのね。
香織はそんな事を考えていたのである。
香織の勤めている会社の女性社員も、意外と前歯に
差し歯を入れている人が多い。
人工の差し歯が入っていると、神経が残っているのか
抜かれているのかなんて、分からないわ。
意外とみんな神経は無くなり、金属の土台を入れているのかも?
ふとそんな事を思っていたのであった。

そして、数分後、印象トレーが取り外されると、
新しく仮歯が作られ、香織の口元へ入れて調整を
行っていたのである。
これで、香織の前歯はすべて仮歯になってしまったのであった。
先生は、次回から新しい歯を入れる準備を始めますね。
そう香織に説明をしていたのであった。

香織は、よりいっそうの違和感を感じてはいたものの、
治療室を後にしていたのである。
受付で次回の予約を行うと、歯科医院を後にしていた香織は、
受付嬢の前歯が気になっていたのである。
見た目は、真っ白くキレイではあるものの、整いすぎている
感じのある前歯は、いかにも差し歯だわ。
でもそうは思えるものの、とにかく圧倒的に美しく見える。
こんなにキレイだったら、いかにも差し歯に見えても
いいのかしら?
ふと、受付の女性の口元が気になっていた香織である。
[PR]
# by teethtif | 2008-08-25 02:16

Page-75~Kaori's NewCore

とある日の昼休み、香織は真理子や同僚と食事をしていたのである。
香織、歯の調子はどう? そんな事を聞いていた同僚に香織は、
前歯2本は、仮歯が入っているわ。でも、根の治療中だから、
前歯で噛めないのよ。 神経を抜いちゃったから痛みはないけれど・・・

そう話していた香織に、同僚の女性も 香織の差し歯って
神経が生きていたんだぁ~ と改めて思っていたのである。
その同僚は、私は差し歯にした時、確か神経は抜かれているはずだわ。
土台も入れた気がするし・・・ そんな事を話していると、香織は、
以前治療した時、前歯は小さな虫歯があちこちに出来ていて、
差し歯にした方が・・・って言われたけど、とりあえず神経は
残せるって話だったの。でもこんなにすぐに、神経まで侵されるような
虫歯になるなんて、その時は考えもしなかったわ。
他の前歯も神経は抜かれちゃうみたいだし・・・

香織はふと、そんな事を考えていたのであった。
そして、一緒に食事をしていた同僚の透き通るように
真っ白い人工歯を見ると、香織も早くキレイな歯にならないかなぁ
と思っていたのである。

そんな香織は、退社後、いつものように歯科医院の待合室にいた。
歯医者さんの待合室って独特の雰囲気があるわ。
匂いも消毒のような匂いが、気になるし・・・
そんな事を考えている香織が、診療室へ呼ばれ、
診療台へ座る。
先生は、早速検診を行うと、香織の仮歯を取り外してゆく。
残された根の部分にポッカリと大きな穴・・・そんな状態の
前歯をキレイにしてゆくと、用意されている石膏模型から、
メタルコアを取り外すと、キレイに磨き上げる。
そして、香織に土台の金属を見せると、先生は香織の口元へ
試着を行っていたのであった。
問題の無いことを確認すると一度取り外し、しっかりと固定してゆく。
ギュっと押し込まれていることが香織にも分かっていたのである。

先生は土台を入れ終えると、今日は、右側の側切歯と犬歯の治療も
行いますね。そう説明し、ドリルを手にすると、入れられている差し歯を
削り始めていたのである。麻酔の注射をしてあるためか、痛みは
感じないわ。大きな音と振動、これだけでも痛みがあるような錯覚さえ
感じてしまう。そんな事を考えていると、亀裂を入れられていた差し歯が
1本ずつ丁寧に取り外されていたのである。
先生は、鏡で内側の土台になっている天然歯を香織に見せる。
確かに中央の歯ほど重症ではないものの、本来は白い歯質なのよね。
でも、今鏡に映っている天然歯の土台は、半分以上茶色く変色し、
根元の部分はすでに、少し溶けている様に歯質が失われていたのである。

先生は、再びドリルを手にすると、天然歯の土台を削って行く。
元々細く小さく削られている歯が、更に削られるとあっという間に
歯質が失われてゆく。 一旦削るのをやめると、神経に直接
麻酔が打たれていた。
香織は、前回も神経を抜くときに打たれたけれど、この痛みってものすごいわ。
本当に激痛を感じていた香織はふと、そんな事を感じていたのである。
しかし、激痛があった後は、だんだん痛みが消えてくる。
そして、気がついてみると、痛みはなくなっているのであった。

先生は再び土台の部分を削り取り、虫歯に侵されていた歯質は、
なくなった行ったのである。そして健全な歯質だけになった頃、
かなりの部分が削られ、やはり根だけの状態になっていた。

先生は、根の深さを測ると、薬を詰めてゆく。
神経を抜いた後の、根の治療は大切であった。
神経を抜かれている歯の場合、すでに相当弱くなっている状態である。
そして、根の治療が不十分だったりすると、炎症を起こしたりして
再治療や最悪抜歯になってしまうケースもあるからなのである。

先生は、新しく今日治療した部分の仮歯もその場で作ると、
香織の口元へ合わせていったのである。
何度か、試着を繰り返しながら、ピッタリとした仮歯を調整していた。
そして、削ってしまった根の部分に新しい仮歯を差し込むと
今日の治療は終わっていたのである。
香織は、仮歯が増えて為かしら? 妙な違和感を感じていたのである。
そして、先生から鏡で確認していると、右側の前歯が醜い仮歯に
なっているのであった。

暫くは、前歯に不自由を感じながら生活しなくてはいけないのね。
ふと、そんな事を感じながら、待合室を後にしていた香織であった。
[PR]
# by teethtif | 2008-08-23 00:48

Page-74~Kaori's Caries

前歯に痛みがあり、治療を始めていた香織は、
メタルボンドの差し歯を外され、神経を抜いて、根だけになった
前歯に仮歯を被せている状態であった。
神経を抜かれた香織は、これから金属の土台を入れてから
新しい前歯が作られる予定である。まだ土台の入っていない
香織の仮歯はとても弱い状態であり、先生からも、前歯で
あまり噛まないようにしてください。
そういわれていたのであった。

そして、香織の前歯は、先日治療を始めた歯以外にも
虫歯が再発していることを指摘されていたのである。
そして、差し歯を取り外し、神経を抜いての再治療は、
残っている天然歯質の部分が相当削られ、大きな穴の開いた
根だけになってしまうことも、前回の治療で分かったわ。
治療を繰り返すことによって、天然歯質が殆どなくなってしまうことを
香織は改めて感じていたのであった。
真理子さんも、神経抜いて差し歯にしてあるって言ってたけど、
真っ白い人工歯の内側はこんな感じになっちゃってるのね。
ふと、そんな事を考えてしまう香織であった。

そして、数日後の夕方、仕事を終えた香織は再び歯科医院の
待合室にいたのである。 受付で診療室へ呼ばれ香織が
入ってゆくと診療台へ座る。
衛生士の女性がエプロンをかけると、先生がカルテを見てから
香織の前歯の検診を始めていたのである。
仮歯を外しますね。香織に話すと、先生は香織の口元から
2本の仮歯を取り外した。

前回根の部分に入れた薬を除去してゆく。
先生は、根の治療を始めると、キレイにしてゆく。
神経を抜いてしまった歯は、根のトラブルを起こすことが多い。
そのため、しっかりとした治療をして薬を詰めておかなくては
いけない。
先生は、根の治療を行うと薬を詰めてゆく。
衛生士の女性はその頃、印象材の準備をしていたのであった。
根の治療を終えると、印象材を口元へ入れると印象を
とっていた。
金属の土台を作るための印象である。
数分後、印象トレーを外されると、再び仮歯が口元へ
入れられていたのであった。
側切歯と犬歯は、虫歯の再発はあるものの、まだ治療は
始められていない状態である。
中央の中切歯だけが、仮歯を入れられている状態であった。

治療を終えた香織は、診療室から出てくると、次回の予約を
してから、歯科医院を後にしていたのであった。
[PR]
# by teethtif | 2008-08-22 07:07